読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなキーワード開発ブログ

はてなキーワードの新機能やキャンペーン情報などを発信しています!

イタリア人になっちゃうよ!

*1
“パスタ大好き!”
こう宣言してからはや一ヶ月が経ちました。(更新も久しぶりになってしまいました)
確かに、自宅の乾麺置き場には、常時、マ・マーや、ディチェコ、ブイトーニ*2、バリラなど安売りしている時に買いだめしたスパゲッティやフェデリーニが置いてあります。外食といえばイタリアン。ランチといえばスパゲッティ。手打ちといえばタリアテッレ(作ったことはないですが・・・)。大学進学で上京して初めて住んだ下北沢では(たぶん)全てのイタリア料理店を食べ歩き、二十歳の誕生日は一番お気に入りのイタリア料理店でランチを食べたわたし。
“パスタ大好き”という言葉に恥じない嗜好を持っているものだと考えていました。
しかし、宣言して初めて、疑念が生まれるものでもあるのです。
“自分は本当にこの言葉に見合う生活を送っているのか?!”と。
この二ヶ月を振り返ってみると、明らかに、パスタ大好き宣言後の方が、真の(?)パスタ狂と呼ばれるべき生活を送っていることに、気付くのです。
インターネットに繋げば、イタリア料理関連のサイトをめぐり、ブックマークしたサイトは数知れず、これまでしたこともなかったメルマガ登録に手を伸ばし、Amazonのウィッシュリストはイタリア料理本で溢れかえる。口をつく言葉といえば“イタリア料理のレシピ本欲しい”。休日ともなれば、イタリア料理のレシピ集を眺めに書店へ出掛け、そうでなければどこかへパスタランチを食べに行く。自宅でとる食事も急激にイタリア化が進行、トマトソースを作るなんて朝飯前、果てはペスト・ジェノベーゼドライトマトのペーストを手作りする始末。魚を買えばイタリア風に調理し、サラダにはオリーブオイルとパルミジャーノ・レッジャーノ。現実で調理するだけに飽き足りず、夢の中でもパスタ三昧。きっと、毎晩寝る前に見ているレシピ本の影響でしょう。
写真は、そんな日々の中で食卓に上った品々です。
これもパスタキーワードの効果なのでしょうか?
ま、そういう性格なんでしょうね。

追記

パスタ課に参加します、書き忘れていました・・・(汗)
昨日作ったアサリと春キャベツのスパゲッティー。アサリは殻を外してあります。

*1:大学時代に友人に言われた言葉「そんなにイタリア料理ばっかり食べてるといたりあじんになっちゃうよ!」より。

*2:キーワードを作って初めて知りましたが、去年で個人向け商品は生産中止になっていたんですね・・・。