読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなキーワード開発ブログ

はてなキーワードの新機能やキャンペーン情報などを発信しています!

第24回 2007年12月末の新着キーワード

みなさんこんにちは。
はてなキーワード盛り上げ隊のid:shinomaiです。
新年になり、成人式も過ぎて、冬の寒さがいっそう厳しくなってきました。私は、冬将軍の到来も無視して、前髪を作るために髪を短く整えてしまったので、外を歩いていても、帽子無しには頭が寒く、耳も痛くなってしまう程です。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
今回は、昨年12月17日から25日のあいだに新しく作成されたキーワードの中から、気になるものをいくつか選んでご紹介したいと思います。どうぞ最後までおつきあい下さい。
シャドー握手

アイドル等の握手会の前にどんなことを相手と喋るか考えつつ脳内で仮想握手を行う行為。
自分の言葉に対する相手の反応のパターンを考えたりすることでより楽しい握手となると思われる?

サイン会や握手会の前に胸をふくらませながらついしてしまうこの行為、こんな名前が付くいっそうと楽しいですね。
ヒミズ

日不見、日見ず Urotrichus talpoides
モグラ目(食虫目)・モグラ科に分類される哺乳類。日本の固有種。いわゆるモグラに比べると小型で、長い尾をもつ。(略)モグラによく似ているが、土を掘り進むために使う前足が小さい。体をおおう毛は黒く、光沢がある。体に生える毛は高密度だが、尾には毛が少なく、ピンク色の皮膚が露出する。(略)夜になると地上を徘徊することもあるが、日光が照る所には出てこない。「日見ず」という和名もここに由来する。(略)

ヒミズとは - はてなキーワード

説明が詳しくて「なるほど〜」と思いました。ヒミズという名前も面白いですね。
うろわかる

明確にはわからないが、何となくわかる。わかるような、わからないような微妙なわかりかたを指す。「その気持ち、うろわかるよ」
◆「わかる」は判る・解る・分かるのどれでも良い。[類]うろ覚え。

うろわかるとは - はてなキーワード

若い方は普通に使われるんでしょうか、言葉が日々変化していくのを感じます。うろ寂しいような。
フーピング

フラフープはもともと古代エジプトから行なわれてきた遊びの道具で、ブドウのツタや木の枝を丸めて作った輪で、地面の上を棒で押しながら転がして遊んだ。(略)フラということばは元来なくフープと呼称していた。それが14世紀頃、フラフープを回すことをフーピングとすでにイギリスで表現するようになり、現在でもフーピングとはフラフープを回すことの表現として主に英語圏で使われている。(略)

フーピングとは - はてなキーワード

フラフープの歴史もわかる説明で、力作ですね。
なりメ

なりきりメール。
特定のキャラクターや役になりきってメールをすること。
双方の合意の下に行うのが望ましい。

なりメとは - はてなキーワード

合意のもとに行われたら、たいへん楽しいメールが交換できそうです。
買うたやめた音頭

買おうかやめようか迷いに迷い、棚から商品を取っては、レジに行く途中で引き返し、棚に戻してはまた手に取るさま。もともとは模型雑誌「ホビージャパン」で、念願のプラモデルを買おうかどうか迷う様子を指していわれた。

買うたやめた音頭とは - はてなキーワード

私も時々こうなります。迷ってしまうんですよね。こちらのキーワードは、詳しい方の編集をお待ちしておりますとのことです。詳しい方がいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いします。
そばの6時間

1年間で最もそばを食べる人の多い6時間。具体的には12月31日の午後6時から午後12時までの6時間を差す。(略)
12月31日の午後6時から午後12時までの6時間は 1年間で最もそばを食べる人の多い「そばの6時間」です。貴方の知り合いや友人ももれなくそばを食べています。 普段はあどけない顔して世間話してるあの娘もそばを食べています。 貴方が片想いしているあの綺麗な女性もそばを食べています。 貴方にもし年頃の娘さんや姉・妹がいて、いま家にいないのでしたら間違いなく外でそばを食べてます。(略)

そばの6時間とは - はてなキーワード

これは・・・(!!)、私も食べていました! そばの6時間、参加できていたんだなあ。おせちの6時間とか、他にもいろいろありそうですね。
如何でしたか? シャドー握手、私もしたことがあり(その時にこの言葉はありませんでしたが)、懐かしくなりました。丹念な練習の成果は、きっとご自身の心に長く留まる思い出になると思います。そばの6時間では、たくさんの方がはっとされたのではないでしょうか。昨年『現代用語の基礎知識』に収録されたアノ言葉にそっくりですが、こちらはこちらで面白いですね。
それでは、また次回お会いしましょう。
どうぞ楽しい週末をお過ごし下さい。